南山の食育活動

南山の食育活動

南山は、1971年にダムに沈む運命にあった築200年の農家を移築して開業したレストランです。
大きな田舎家がそのままの姿でレストランになったことで、私たちは、都会と田舎、食と農をつなぐ使命を意識し、レストランのより良い役割を追及してきました。
食となる命をいただいて生きること、その命のリレーをつなぐことを大切にし、さまざま食育活動をしています。

食と農をつなぐ食育活動

2014年
平成26年度フードチェーン食育活動推進事業として「いただきます・ありがとう協働隊」を結成。
いただきます・ありがとう協働隊公式サイト
平成26年度 活動報告書

食の担い手育成活動

2015年
日仏連携で、牛肉に精通した食のエキスパート養成事業を開始
日仏連携人材育成事業についてのプレゼンテーション
2016年
ミートカレッジ・ギューテロワール設立
ミートカレッジ・ギューテロワールHP
2018年
食育型保育園「さとのやま保育園」設立
さとのやま保育園HP

牛肉の生産と消費をつなぐ研究と連携

2005年
「安全安心な食肉仕入れと牛肉料理提供方法の調査研究事業」に取り組む。
(全国の生産現場や加工・流通現場、牛1頭すべての部位の料理方法を研究。)
2008年
京丹後市網野町の生産情報開示JAS認定牧場「日本海牧場」から和牛間交雑牛タンクロ(黒毛和牛×短角牛)の産直仕入れスタート。
2009年
「近江牛」の生産者さんと19頭の近江牛を生んだ母牛の物語「なかのりさん、ありがとう」を絵本とDVDにして記録。
絵本「なかのりさん、ありがとう」動画版
日本海牧場さんとの農商工連携で、タンクロを「京たんくろ和牛」と命名してブランド化。
2011年
「人と牛とふるさとを育てる放牧畜産研究会」を立ち上げて産学公連携研究事業に取り組む。
(平成23年度 文理融合・文系産学連携促進事業 採択)
2012年
日本産肉研究会第10回学術集会(京都大会)で大会長を担当。研究会と交流試食会、現地見学会をコーディネイト。
日本産肉研究会 第10回学術集会HP